神戸森林植物園

神戸森林植物園では、ツツジとシャクナゲが、新緑に映える季節に。

山桜はまだまだ見頃^^。

IMG_6419

 

地形の高低をうまく演出して、シャクナゲの道が続いています。

まだ咲き始めのようでした。

IMG_6427

 

IMG_6428

 

こちらはシロドウダンツツジ。

赤いのは見たことがありますが、白いのは初めて。

一面ツツジが広がっていて、まるで満天星のようでした^^。

IMG_6431

 

近くで見ると釣りがねのような可愛い花がたくさんついていました♪

IMG_6434

植物園内のカフェで、キイチゴのパフェを食べたり、シアトルの森のベンチでのんびり

遊具で遊ぶ親子連れをながめたり・・・解放された一日になりました^^。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

散り桜と桃

美容院の帰り、最寄の公園で散り桜を名残惜しんできました。

IMG_6403

しばらく散策していると、鮮やかなピンクの花木が。

IMG_6410

手前のまだらに咲いているのはゲンペイモモ、後ろの濃いピンクはキクモモ、だそう。

青空に映えてきれい、見頃、見頃^^。

 

武蔵の庭にある茶室で、抹茶とお菓子をいただき一服することに♪

IMG_6411

亭主(茶をたてる男性)に、お茶室でどうぞ、と勧められましたが

作法をちゃんと知らないので毛氈を敷いた縁側で、しばし和の空間を味わうことに^^。

あとからいらした女性は、茶室でお抹茶を楽しんでおられました。

お手前を披露していたのは亭主の息子さんで小学1年くらい。

今年1月からお稽古し始めたそうです。

着物のたもとの扱いが未熟で、茶道具に垂れていましたが、それもまた愛嬌^^。

緊張気味に、でも丁寧にお茶をたてていたのが愛らしかったです。

 

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

クラーナハ展&お花見

TVで紹介されていた 大阪の国立国際美術館で開催中の

クラーナハ 500年後の誘惑 を観てきました。

場所は、中之島。

付近には多くの駅がありますが、JR福島駅から南へ10分ほど歩きました。

ルカス・クラーナハはヴイッテンベルグの宮廷画家で、ドイツ・ルネサンスを

代表する芸術家でもあり、宗教改革にも大きく関与しました。

が、なんといっても最大の注目は、物語の女性たちを

魅惑的に描いたということでしょう。

醒めたような誘惑のまなざしで見つめられると、なんだかむずむずしてきます。

この絵は一部分ですが、思わず息をのんで魅入ってしまいました。

IMG_6397

誘惑されてみたい方は必見です。

美術館をあとにし、中之島の東の端まで行ってみる事に^^。

途中でおしゃれなビル発見♪

中を覗くと、高そうな貴金属やアクセサリーがお行儀よく並んでいました。

もちろん、覗いただけです。

IMG_6366

土佐堀川沿いに見事な桜のスポットをみつけました。

IMG_6371

林市蔵というむかし大阪府知事だった男性の銅像だそう。

IMG_6375

ちょっと歩きつかれたので、川沿いのカフェへ。

カマンベールサンドは塩味が効いてて美味しかったです^^。

もしかして赤ワインの方が合うかも♪

IMG_6376

土佐堀川はいろんな観光船が通っていました。

IMG_6379

橋の細部のデザインが素敵でした。

IMG_6384

大阪を離れ明石へ。

先週まだつぼみだった剛の池の桜。

いつもあまり稼動していないスワンたち、この時期はひっぱりだこのようですね。

IMG_6389

中之島の東あたりは、きれいに手入れされたバラ園があったり、芝生の広場があったり

都会の中でくつろげる場所だと思いました。

残念ながら、今はバラの季節ではないので、グリーン一色でしたが。

今回の美術館のほか、東洋陶磁美術館とかもあるので、また訪れたいです^^。

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

まだつぼみ

何年かぶりに学生時代の友人とお花見することになり

明石公園の桜を見にいくことに。

バスから降り待ち合わせ場所に着くと、彼女が待っていてくれました^^。

 

まずは剛の池を1周してみましたが、どれもつぼみばかりで少々がっかり。

ちょっと歩いてお腹を空かしてから、駅前の新しくなったビルで

ランチを済ませて、さかな君のコーナーをのぞいてみる事に^^。

モニターがあったり

IMG_6354

フォトスポットがあったり

IMG_6355

彼女も去年孫が出来たので、子育てや検診コーナーなどを熱心に見ていました。

 

再び、明石公園に戻って、花が開いている桜の木を探してみると・・・ありました♪

IMG_6360

確か、石川桜 という札がついていたような・・・。

遠めに明石城の櫓を入れてみました^^。

 

ほかに、北に位置する遊具広場あたりはちらほら花が目立っていました。

彼女から、学生時代に同部の年下男子とデートした話を打ち明けられて

お~なかなかやるなぁ と感心したり^^。

まぁ、私もいちおう同部の先輩と初めてデートした場所がこの公園でした~と

打ち明けたり・・・お互い楽しい時代もあったよね!

ほかに、家族の事や近況を話したりしました。

 

木の根道や石段が苦手という彼女を半ば強引に連れて、公園内を歩きました。

明日は筋肉痛になってるかもね。

付き合ってくれてありがとう~お疲れ様でした。

 

お花見のあとに、ときどき訪れる 古民家カフェ vialetta(ヴィアレッタ)で

彼女と アップルパイをいただきました^^。

私はコーヒー、彼女は紅茶。

IMG_6364

彼女は彼女でいろんな人と出会って色々悩んだり、私も私で色々あって

まぁほぼ同じ時間生きているからあたりまえですね。

「ひとりで出かけひとりで山を歩く、ひとりで知らないカフェに入ってみる」

そういう私の感覚がいまいちしっくりこない・・・みたいでしたが

そういう時間があるから、私自身を見直せて更新、処理すべきものが可能になる

気兼ねなく行動できるのだと思います。

まぁ、こんな感覚を持つほうが少数派で不思議なのかも知れませんが(苦笑。

 

お互い明日からまたがんばって楽しくいきましょう♪

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

小雨の奈良

薄曇の休日、末っ子を連れた長女と奈良を訪れてきました。

裁縫の得意な長女は、奈良公園の近くにある手作り雑貨のお店で

委託販売をしているので、一緒に見に行くことに^^。

 

まずは腹ごしらえ。

商店街にある 元喜神で、トマトラーメンを食べました。

IMG_6342

初めてのトマトラーメン、スープパスタのような味わいで新感覚♪

白っぽいのはふわふわの鶏肉です。

チーズをトッピングしたらもっと味が引き立つと思いました。

 

鹿を見たことのない孫、こわがるかと思いきや案外平気でした。

動物が好きなんだそうです♪

「おせんべい、どうぞ」

IMG_6347

鹿せんべいを持っているだけで、わんさか鹿たちに囲まれる~と覚悟していましたが

そっぽを向く鹿がほとんどでした。

外国からの観光客からもたくさんおせんべいをもらっているので

飽和状態?なのかも知れません。

ちょっと期待はずれ。

 

「しか、しか、うんち~うんち~」 孫は連呼していました^^。

 

小雨の中、手作り雑貨のお店に寄ってから、コンビニのカフェスペースで休憩。

奈良を後にし、大阪で長女の買い物に付き合ったあと、それぞれ帰路につきました。

小さな子供がいると買い物もゆっくり出来ないので、長女は喜んでいたようです。

 

ひとりになってほっとひと息、こななで抹茶ワッフルとコーヒーでまったり♪

IMG_6350

子育てしながら、自分のもの、息子達の洋服やリュックなど色々作って

長女はすごいな~とつくづく思います。

ママ友も多いのでお互いに助けられたり助けたりしているようですし。

私が苦手な事ばかりなのでほんと、感心します。

まぁ、適当なところで手抜きもしているようですが^^。

 

また、一緒に出かけようと思います♪

カテゴリー: 未分類 | 14件のコメント

中山寺から清荒神(きよしこうじん)

久しぶりのまとまった山歩き♪

以前見た中山梅林を思い出して、中山寺から中山最高峰478メートルに登り

奥之院を経て清荒神の参道を下ることにしました。

 

JR中山寺駅を9時半に出発。

何分か北に進むと阪急中山観音駅が見えてくると中山寺はすぐそこ。

無事山頂まで登り下山できますように手を合わしたあと、梅林へ。

IMG_6327

色とりどりの梅が満開で赤い欄干も素敵なアクセントに^^。

しばらく梅林を歩いたあと、奥之院参道を歩き始めました。

30分ほどで展望のいい夫婦岩へ、そして11時半、中山最高峰に到着♪

ハイキングコースは宝塚休養林の中にあり、いろいろなコースが整備されていて

道標をちゃんと見ていないと迷ってしまいそう。

道も岩場が結構多くて、前歩いたときもこんなだったかなぁと思いました。

 

山頂でお昼を食べてしばらく眺望を楽しんだ後、12時20分下山開始。

途中までは登ってきた道を歩き、奥之院への分岐を選びました。

 

途中、道に切った木がいくつも積んでありました。

林の育成のために伐採しているのかな・・・。

IMG_6336

 

12時50分奥之院までやってきました。

IMG_6337

中山寺よりは小さくて親しみやすそうなお堂。

お堂の前のベンチでひと休みし、やすらぎ広場横の広い道を歩きます。

清荒神への道標がある西側は陸上自衛隊演習場で、立ち入り禁止の看板が。

 

清荒神までのコースは結構急な岩場があって、何箇所かロープが張られています。

途中、小さな姉妹を連れたお父さんを追い越しましたが、ゆっくりながらも

山歩きを楽しんでいる様子でした^^。

IMG_6338

こちらのコースを登りにするのは、ちょっときつそう。

下りに選んで正解でした。(といっても本に書かれた通りのコースを歩いただけですが)

 

14時過ぎに阪急清荒神駅に着き、終点の宝塚駅から西宮北口駅行きに乗り換え神戸三ノ宮駅へ。

いったん三ノ宮駅で下りて、商店街をうろうろしながらJR神戸駅へ向かいました。

商店街のカフェはどこもお客さんがいっぱいで、すぐに座れそうにありません。

「べっぴんさん」の影響かな?

神戸の街は賑わいを見せていました。

なるほどファミリアの店内にはたくさんお客さんが入っていますし^^。

 

商店街から離れた fruit cafe Saita!Saita! で空いた席を見つけ、ほっと一安心♪

ここに来ると、フルーツサンドが食べたくなります!

今の時期は苺がメイン^^。

秋はたしか柿でした。

IMG_6340

あ~やっぱり美味しい♪

自然な甘さが疲れを癒してくれます。

 

久しぶりの山歩きで、足が攣るかも・・・と思っていましたが、大丈夫でした。

足腰の疲れや筋肉痛は感じますが、体がほぐれたように思います。

梅を満喫できたし、お次は桜ですね♪

カテゴリー: 未分類 | 8件のコメント

姫路城

お昼過ぎまで美容院で、カット&ヘアマニキュアをしたあと

久しぶりに姫路を訪れることに。

最近、テレビでお城の特集を観て姫路城の天守閣へ登りたくなり

大手門をくぐることにしました^^。

入城料を払って入城したのは、確か高校生のときかな?

 

庭園から百間廊下入り口の櫓をのぞむ。

この梅の木がある場所はまだ城外です。

約240メートルのなが~い百間廊下の先には、千姫が休息所とした化粧櫓があります。

IMG_6310

白く輝く姫路城、別名白鷺城は、要塞としてもすぐれています。

壁面に開けられた矢や鉄砲を放つための狭間(さま)、長細く下に開いた石落とし、など

さまざまな工夫がなされています。

 

大天守の最上階、6階に登ると瓦が手に届きそうなくらい。

屋根瓦を継ぐ漆喰は白くこんもり盛り上がっています。

これが瓦全体までもが白く見える理由だそうで、日が当たると瓦が輝いて見えるんです。

IMG_6316

大天守内の階段はすごく急勾配で、しっかり手すりを持っていないとこわかったです。

 

見上げる角度によって表情が違う姫路城。

隠れた部分まで白漆喰が塗られていて、まさに白亜の城です。

IMG_6318

 

三国堀から大天守、小天守をのぞむ。

IMG_6323

2時間ほどかけ姫路城を見て回りましたが、丁寧に見学すれば

もっと時間がかかるでしょう。

お花見にはまだ早いにもかかわらず、たくさん観光客が訪れていてびっくり!

 

姫路城をあとにして、駅前の ケンジントンでお茶することに♪

うす暗い階段を下りるとバーのような雰囲気の扉を押して店内へ。

中を知らないと入りにくそうな雰囲気をかもし出していますが、ここを知ったのは

確か雑誌で見たような・・・。

今日は、チョコとバナナのクレープ&珈琲にしました^^。

しっとりとしたクレープに包まれたバナナとクリームが美味♪

IMG_6324

いつ行っても一面が鏡張りの小さなテーブルに通されます。

星のように天井に輝くライト、アンティーク家具、鏡越しに広がるカウンターや洋酒

鏡の国のアリスに似た光景が広がります。(あくまで個人的空想、笑)

薄暗いので、時間の感覚が狂ったような錯覚を覚えますが

扉を開けて外へ出たらもとの世界。

つかの間の非日常を味わえる空間でした。

カテゴリー: 未分類 | 10件のコメント